りぼんねこの今日のごはん

美味しいもの大好きなわたしの料理の記録日記

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷い犬を

ここ10年の間に迷い犬を保護するのは5回目&子猫が1匹。
幸いなことに、1匹を除いて里親が見つかったり飼い主の下に
お返しすることができた。
残った1匹が旅助チャンで、この子は我が家の養子になった。



でも、今回の犬は飼い主が見つからないような嫌な予感がしている。
目がまったく見えないのにもかかわらず健脚で
随分、歩いては来たのだろうけれど
それにしても1週間や2週間では無い汚れ方に
飼い主の、この子への愛情の無さが見て取れるからだ。



家人の大反対もあって、この子を飼うのは無理かもしれない。
それより何より
今までの愛情の経緯も無く、
すぐそこに迫っている 大変なだけの老犬介護を
私は一人でもしていく覚悟があるのか?


動物管理局に連れて行けば3日で処分される。


今、このお婆ちゃん犬は、何の不安も無い顔で
お古の犬小屋で毛布に包まれて眠っている。

自分の運命を握るのが
頼りなく情けない馬鹿女で
飼い主が現れなかった時の
犬の処遇に頭を悩ませているなんて考えもしないで。。。



どうにか飼い主が現れてくれますように。
もしも犬の神様がいるのなら
私が連れてきた行為を只の偽善で終わらせないで下さい。

コメント

飼い主

こんにちは^-^
迷い犬を保護されたのですね。見て見ぬふりできるし、そうする人が多い中、りぼんねこさんの動物に対する愛情と真剣さに頭が下がります。
野生の動物ならまだしも、飼い主によってその運命が決められるかわいいペットたち。そのひとつひとつの命を大切にできないのなら、やはり飼う資格はないのですよね。
この寒い中、どんな気持ちでさまよっていたか考えると、どんどん感情移入してしまいます。飼い主がちゃんとあらわれることを祈ります♪

命あるものを大事にしたい・・・
そういう思いがあっても なかなか
動物を飼っていくことって
思っている以上に大変だったりする。

ましてや 老犬になっての介護のこと最近、私もよく考えています。

どうか心優しい飼い主さんが見つかることを心から祈ってます。

その子を育てることが出来ない私ですが。。。

何とも言えない気分
実家にいる犬は 15年ほど前 建設現場で拾ってきました
というより 小学生たちにいじめられていたというか ・・・ で コラッと言って 車に乗せて・・・です
今では 老犬のため 耳が遠くなったようで 近づいても ほとんど耳が動きません
と言いながら 私は マンションでは飼えないという理由をいいことに 実家に任せっきり ・・・ 今では 娘が遊びに行ったときに 娘が散歩するぐらい そう考えると 私は 偽善者です
自分で拾ってきて 人に任せ たまに実家に行っては 名前を呼んで触るぐらい 本当に勝手だと・・・
りぼんねこさんに出会ったということは どうなる運命にせよ そうなる運命だったわけで ・・・ 
軽々しく言えるものでもないですが
心悩ます人間に出会ったこと それが その子にとって生まれてきた証なのかもしれません
何1つ無駄なものはなく 不必要なものもなく ただただ 運命に左右されるだけのことなのかも


とても難しい問題ですね・・・
ペットブームとはいえ、保健所から引き取って貰える子達はほんのわずか。
ペットショップで買った子達でさえ、飼い主の都合で保健所に連れて行かれるのが現状です。
ましては老犬となれば・・・

当事者でない僕は、「きっと何かの縁です」と言うかもしれませんが、りぼんねこさんの立場になって考えたら、そんな言葉は言えないです。

世の中捨てたもんじゃないって事を祈ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: alulu さんへ

<ありがとうございます。
「拾っても飼う覚悟がないなら、最初から見ないフリをしたほうが良い」と
知り合いには言われました。
でも、目も見えない耳も聞こえないワンちゃんなんです。この子。
車に轢かれたら可哀想ですしね。
今、色々と探しています。
本当に飼い主の元に戻れると良いなぁ。

Re: chocolat* さんへ

<コメントありがとうございます。
この拾った子は、目は白内障。耳はまったく聞こえない。鼻も鈍い。
たぶん14歳は過ぎていそうなお婆ちゃん犬です。
ここまで飼っていたということで、捨てられたとは考え難いのですが
外飼いでたまたま長生きした犬だとしたら
「いなくなっちゃったけど、まぁ、いいか」と
飼い主さんが考えていそうで心配です。
今の所、動物愛護センターに問い合わせはなし。。。

飼い主が

名乗り出てくれることを
切に願います。

長年暮らしていたら、
愛情があると思うんですが・・・

なかなか難しいですね。

でも遠くから、犬の神様に
祈ってみます。

Re: kattsumanさんへ

<お返事が遅くなりまして誠に申し訳ありません。
後日の記事の通り、ワンコの飼い主が見つかりました。
捨てられたのではなくて、本当に良かったです。
この飼い主さん、少し痴呆が出ていらっしゃるようで
「いつアンタ(りぼんねこのこと)に預けたっけ?」
なんて、頓珍漢なことを仰っていましたが
それでも、きっとワンコは元の飼い主の下に戻れてホッとしていることと思います(^。^)

Re: frusic さんへ

<お返事遅れてしまい申し訳ありませんでした。
後日の記事の通り
迷い犬は無事飼い主の元に戻りました。
ありがとうございました。
frusicさんの犬は幸せだと思いますよ。
frusicさんが拾っていなかったら、そのまま保健所の運命だったかも?
15年もご実家で大切にされ、三代に渡って愛されている。
それこそ、そういう運命だったのだと(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ribonneko.blog52.fc2.com/tb.php/694-1a5819f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール 

りぼんねこ

Author:りぼんねこ
画像は愛する息子(小太郎8歳 ♂)
美味しい物を作って、
人に喜んでもらうのが大好きです
コメントお気軽にどうぞ★

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索  

RSSフィード  

リンク  

このブログをリンクに追加する

>FC2カウンター  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。