りぼんねこの今日のごはん

美味しいもの大好きなわたしの料理の記録日記

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華だ!餃子だ!腹いっぱいだ!

<昨日に引き続き圧力鍋の登場です
<初心者でも簡単に作れる上、冷蔵庫で日持ちもしますので
<ラーメンや中華サラダ、炒飯の具に応用も自在です
<豚さんって偉いね


IMG_4675.jpg

<木耳と舞茸のスープです
ウェイパーを使うと簡単に味が決まります
<材料は、
<豚細切れに片栗粉をまぶしたもの。木耳、舞茸、葱、酒、塩、醤油、ウェイパー

IMG_4674.jpg

<そして私がこよなく愛する餃子
<タネに豆板醤とニンニクを利かせたのでピリ辛
<運と勘が頼りなんですけど(笑)
<今回のは抜群に美味しかったです

IMG_4681.jpg

<春休みに親戚の高校生が泊まりに来ました
<ご飯を食べている最中もメール
<お風呂に入る時も携帯をジップロックに入れて同伴
<なんと、1日でのメール回数は60回だそう

<せめてご飯中の携帯は止そうよ。。。
<それが料理を作った人への礼儀でしょ
<そして礼儀は思いやりでもあり、他人との関係をスムーズに保つものでもあると
<彼がいつか理解する日を願います
<と、優しくぶん殴ったw

豚角煮の作り方(圧力鍋使用)

※材料  豚バラ塊り肉600G 生姜1個 葱1本 
     酒20CC 醤油50cc 砂糖大匙1

※作り方
1) 豚はそのまま。生姜は薄切り。葱は5cmに切る
2) 鍋に油を敷き熱くなったら豚の表面を焼く
3) 豚がかぶるくらいの水と生姜、葱を加え、沸騰したらアクを掬い取る。
4) 調味料を加え蓋をして30分。そのまま自然に冷ます。
5) 蓋を開け、再び火にかけ余分な水を飛ばし、照りが出てきたら出来上がり。
   ↑ゆで卵をココで加えると煮卵が完成

*注意
圧力鍋が無い場合は30分煮る所を弱火で蓋をして1時間に。
八角を加えると、より中華っぽい味になります。

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

コメント

お久しぶりです^^

 復活したんですね~^^タビ君のことは残念です><

 私も今、豚の角煮を研究中ですw我が家には圧力鍋がないので、炊飯器で挑戦していますb

りのあさんへ

<豚の角煮を炊飯器で、って面白いですね。
でも、煮豆も炊飯器だと上手に出来るのですから
同じ「煮る系」の物なら何でもOKなのでしょうか。
ゆっくり更新ですが、又、宜しくお願いしますね。
コメントありがとうございました(^-^)ゞ

木耳。
きのみみとかいて、キクラゲ。
この字を見る度に不思議に思います。

<と、優しくぶん殴ったw
笑えました。
でも、基本的なマナーだけは守って欲しいですよね。
常識無い人が多すぎます。
大人も子供も・・・

圧力鍋、やはり魅力的♪
でも置く場所が…これクリアしたら絶対欲しいんですけどね(^▽^;)
簡単に出来て日もちもする、これサイコーですね♪
ウェイパーはこちらのブログで知って以来
我が家の常備調味料となりました^^
ご飯中のマナー、同感です!
礼儀、常識、堅苦しいという人もいるけど
私は人づきあいする上で相手を不快にさせない
マニュアルだと思っています。
マニュアル通りにはいかないけれど、まずはマニュアルにそって
行動してみようよ、って思います。
でもまだ高校生、きっとこの先気付く機会がたくさんあるはず。
そんな彼も大人になったら同じことを思う日が来るかも知れませんね^

コメントありがとうございます!

<kattsumanさん、木耳、って面白い漢字ですよね。
私は、今回初めて気がつきましたけど(笑)
生えている所をを見ると、なるほど猫の耳の中みたい!
kattsumanさんは、長いお付き合いの中で
礼儀正しい方なのがブログからも伝わってきていますよ。
マナーのなっていない大人が子供を育てる。。。
これからの日本はどうなっちゃうのか不安です。・゚・(ノД`)・゚・。



<ちゃちゃまんぼうさん、圧力鍋もウェイパーと一緒で
使い始めたら、無かった生活が考えられないようになりますよ。きっと。
ご飯中に限らずある程度の礼儀は必要ですよねぇ。
たぶん、この高校生は、食事中のマナーを
誰も教えてくれなかったのでしょう。
叱られて驚いていましたから(^^;)
周りにマニュアルを教えてくれる大人がいないのは
子供にとって不幸だと思いますね。

わはははは(≧▽≦)♪!!

「優しくぶんなぐった」

ナイスです!!

だいたいこんな美味しそうな料理が目の前に並んでるのに心が動かないなんて、オイラに言わせれば「心の不感症」でありますよ! 外部になんでもそろい過ぎてるからあまり心が動かないのかもしれませんが・・・映像ではなく実物が目の前にあるのですからね 体全体、五感のすべてで味わってほしいものですね 味も作り手の心も・・・!

よっちゃんへ

<読んでいて「なるほど~」と思いました。
心の不感症、言い得て妙です。
最近の子は、って言い方は好きじゃないんですけど
あまりに不自由が無さ過ぎて
感動が減っている気がします。
外食やご馳走が特別で、物を買って貰えるのが特別だった昭和の生活の方が
子供にとっては幸せだったのかもしれませんね。
近い将来、3Dの映像のほうが「綺麗な自然の景色」だったり
香水や芳香剤のほうが「自然な花の香り」だったりしたら怖いですね~(((((((( ;゚Д゚)))))))

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ribonneko.blog52.fc2.com/tb.php/567-c43dd439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール 

りぼんねこ

Author:りぼんねこ
画像は愛する息子(小太郎8歳 ♂)
美味しい物を作って、
人に喜んでもらうのが大好きです
コメントお気軽にどうぞ★

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索  

RSSフィード  

リンク  

このブログをリンクに追加する

>FC2カウンター  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。