りぼんねこの今日のごはん

美味しいもの大好きなわたしの料理の記録日記

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルボナーラwith昆布茶

<焼き鮭でカルボナーラを作ってみました
<隠し味は「昆布茶」
<ちゃちゃまんぼうさん ikremixさんから教わりました
<多謝
IMG_3283.jpg

<恩田陸の「三月は深き紅の淵を」を読んでいます
<DVDも本も手元にあると安心して
<「つん読」になっています
<楽しむつもりで買ったのに
<プレッシャーを感じてしまう今日この頃


■材料(2人分)
 パスタ麺 焼き塩鮭2枚 卵黄身4個 生クリーム250cc とろけるチーズ2枚 ニンニク1片 バター大匙1 A(塩少々 胡椒少々 昆布茶小匙1) 

■作り方
1)パスタを茹で始める(鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩6%を加える)
2)焼き鮭の骨を除き、ばらす。卵黄と生クリーム、Aの調味料をを混ぜておく。
3)フライパンにバターを溶かし、ニンニクの薄切りを炒め香りを移す。
4)茹で上がったパスタをフライパンに加え、手早く炒め合せ、火を止めてから②を加える
5)チーズを上に乗せ、粗引き胡椒を振り掛ける

*塩は、味を見てから最後に足してください
*卵液は必ず火を止めてから。火を通しすぎるとボソボソした舌触りの悪い物になってしまいます。
  

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

コメント

あ、その本読んだ~(というか、恩田陸のはほとんど読んでる)
同じ本選ぶのって嬉しいなぁ♪
最近読んだのは、東野圭吾「黒笑小説」、奥田英朗「ガール」
どっちも短編集で面白かったよ^^

カルボにとろけるチーズかぁ。今度やってみます!

私も その本読んだ~ (っていうか私も恩田陸のはほとんど読んでる)
ホント、ホント同じの読んでる人がいるとなんか嬉しいね♪

本好きな人が周りにあんまりいないので りぼんねこちゃんも
そうやし 訪問される方もとっても親しみがわきますわ~
今読んでるのは 町田康の『告白』 文庫やけどちょっと厚いので
電車の中で読むと手が疲れちゃう。 以前は電車で読むには軽めの
動物(特に犬)もの小説を読んでたんだけど たいてい泣いてしまう
ので 恥ずかしくってやめました。(笑

なんと! 豚肉に引き続き コンビニの鮭おにぎりが食べられる(フレーク)
ようになったのさ~v-411 でもちゃんとした切り身の鮭はまだ未経験
だから このカルボナーラにたどりつくにはもう少し時間がかかるなぁ。

オイラも。。。

カルボが好きでよく作ります あとはペペロンチーノかな その他は・・・モチロンよっちゃんオリジナル♪!(笑) カルボは卵黄とクリームのねっとりとしたコクと味わいが、だあ~~いスキ♪!!です^^♪

こんばんは!

カルボナーラに昆布茶?
まったく想像出来ないマス。
カルボナーラは大好きだし、昆布茶もよく飲むんだけどなぁ・・・。
みなさん結構読書されてるマスね。
オイラは最近、全く読んでないマス。
読んでいると言えばワンピース(海賊物の漫画)くらいかな?(笑)

v-278コンチワー。
ボクが最近読んだのは
ジャンプとマガジンだな!
カルボ、ボクも大好きです♪
でも昆布味は食べた事ないです。

名前が出ててびっくらこきました\(;゜∇゜)/
カルボナーラは家で作ったことないのですが
パスタに昆布茶の隠し味はよく使いますね~^^

私は映画などDVDが出てる場合
先にそっちを見ちゃいますね~
映画ってどうしても短縮してるから
後から本を読んで細かい描写を映画と照らし合わせて
読んでいくって感じで。

私はこの方の本は図書本で読んでます。本は大体読んでますけど・・映画もあるの??

昆布茶・・・飲まないけど、お料理には使いたいと思い出して1年。まだ買ってません。(笑)

私も

恩田陸大好きです。
(三月~)は、昨年の今ごろ読んだかも。。。

鮭とカルボの組み合わせは初めてだわ~。
昆布茶は結構いい働きをしてくれるんだよね。
私もたまに使います。

この組み合わせ、今度試してみよっと。
カルボナーラ大大大好きなのよ~。

本にはホント うとくて・・・

昆布茶でカルボナーラ。
これなら しつこくならないかな?
あの
しつこさがキライでもっぱらトマトソース系の私です。

家の近くに、イタリア人が経営するレストランがあるんだけど。
そこのカルボナーラは、全然違うんですよ。
とにかく、チーズが濃い。
それが本場のカルボナーラなのだろうか。

コメントありがとうです(^^)嬉しいです

<ゆずぴさんは、読書家なんですね。
よく、ご自分のブログにも本を紹介していらっしゃるし。
私は、今は、誉田龍一の「本所不思議捕物帖」を読んでいます。
何か、読むものが側にあると落ち着くんですよね。
「黒笑小説」は読みましたが、「ガール」はまだ。
機会を見つけて読んでみたいと思います(^0^)



<greendogちゃんも、沢山読んでいらっしゃいますよね。
私も、電車通勤の時は、もっと読んでいたような気がします。
町田康は私も、かなり好きです。
パワーと独特な着眼点がイイですよね★
「犬モノ」はね~、私も、最近は読みません。
大抵、悲しい気分のなっちゃうから(TT)
鮭オニギリ解禁オメデト~w
これなら、本当の塩鮭が食べられる日も近そうですね(^^)期待してます。



<よっちゃん、ブログ復帰おめでとうございます。
「休憩」と言ったまま、ブログを止めてしまう人が多い中
戻って来て下さって、とても嬉しいですし
よっちゃんの責任感の強さを感じました。
「よっちゃんオリジナル」又、楽しみにしていますね☆


コメントいつも嬉しいです。ありがとうございます。

<ニューキャラちゃん、昆布茶のパスタ、
昆布茶は隠し味程度なので、全然、普通です。
昆布だしの代わりに入れるのだと思います。
読書家なのは、男性より女性の方が多いのかしら?
ワンピースはコアなファンが多いようですね。
まだ未見なのですが、興味はあるんです。
まずは立ち読みしてみようかなw?


<ツラボナーラちゃむ、マガジンもジャンプも読書です(笑)
私も、漫画は大好き。
最近は「暗行御史」と「ハトヨメ」を読みました。
カルボナーラは、あのシツコサがたまりませんよね☆



<ちゃちゃまんぼうさん、お名前、勝手に拝借してゴメンナサイね。
ちゃちゃさんに聞いてから、カルボに限らず
お料理の隠し味に「昆布茶」を使うようになりました。
私も、DVDと本と出ている場合は、本が後派です。
先に本を読んでしまうと
登場人物の印象が違ってガッカリすることがあるので。
「羊達の沈黙」は、たまたま先に本を読んでしまい
簡単すぎる描写の映画が、物足りなくてつまらないものになってしまいました。
毎回、ちゃちゃさんの意見には、頷くものがあります。



<しのにぃさん、書き方が悪かったのですが
このDVDは出ていません(^^;)
本や、DVDは、未見のものが側にないと、落ち着かないけど
溜りすぎていると、無言の圧力を感じる。
と書きたかったのです。
私も、余程好きな作家さん意外は図書館利用です。
恩田陸さんも、図書館w
十二国記シリーズ、陰陽師シリーズ、コロボックルシリーズなどは買い揃えました。
と、こうやって書くとファンタジーばかりに思えますが(^^;)
昆布茶、1年モノですか。ワインのように深みを出している・・・じゃないよね?(笑)

あらら。

DVDは、別のものでしたか。読み違えましたね。ごめんなさい。(^▽^;)

昆布茶は、「まだ買っていない」んです。(^_^;)
欲しいな~~と思ってから、「一年経過」ですから、その思いは1年物ですけど。(^3^)/
深みはでないですね。むしろカビそう。ヽ(´∀`)ノ
あと、購入後使い切るまでに1年・・は十分あり得ます。(^^;

コメントありがとうです(^^)

<うたまるさんも、本好きですよね。
恩田陸さん、大人気のようですね。
確かに、難しすぎず叙情的で、読み易い本だと思いました。
昆布茶、私は、教えていただくまで知らなかったのですが
意外とメジャーなのでしょうか。
これを入れると、カルボの味が引き締まるような気がします☆



<chocoalt*さん、あのシツコサがタマラナイ!って方もいるのに
好みは人それぞれですね(^^;)
昆布茶を入れると、昆布の味は全くしないのに
「何かが変ったゾ」
と、思わせる引き締めぶりに驚きますよ。
さっぱりすると言う効果は無いようです・・・┐(´ー`)┌



<frusicさん、近所に本格的イタリアンがあるなんて、羨ましいです。
本場のカルボは、パルメザンチーズを削って、乗せるようですが
そのチーズの味が濃いのでしょうかね?
イタリアには行った事が無いので、本場の味って
よく分かりません(^^;)
美味しければ、中華風でも、和風でも、もちろん本場イタリアン風でも
私は、全然構わないタイプです☆



<しのにぃさん、わざわざ、コメントありがとうございました。
私も、昆布茶、1年くらいかけて使っているかもw
出汁の素の感覚で使っていますが
使い慣れないので、すぐに入れるのを忘れてしまうんです( -Д-).。フゥ
1年も思い続けて貰えるなんて、恋愛だったら、
ヒューヒューですね笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ribonneko.blog52.fc2.com/tb.php/465-721a6499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール 

りぼんねこ

Author:りぼんねこ
画像は愛する息子(小太郎8歳 ♂)
美味しい物を作って、
人に喜んでもらうのが大好きです
コメントお気軽にどうぞ★

最近の記事 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ブログ内検索  

RSSフィード  

リンク  

このブログをリンクに追加する

>FC2カウンター  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。